Music Video

LADY GAGA(レディー・ガガ)の最新曲ミュージックビデオYouTube PV・ユーチューブ音楽動画などの視聴・試聴コンテンツ・歌詞が無料でご覧いただけます。
LADY GAGA YouTube PV TOP ≫ Music Video
アートポップ-デラックス・エディション(初回生産限定盤)(DVD付)(特別価格)  ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD))  ボーン・ディス・ウェイ (初回完全限定盤スペシャル・プライス盤)  ザ・リミックス  ザ・モンスター

LADY GAGA「Perfect Illusion」YouTube PV

Perfect-Illusion
「Perfect Illusion」は、レディー・ガガ(LADY GAGA)のシングル曲。
音楽プロデューサーのマーク・ロンソン、サイケデリック・ロックバンド「テーム・インパラ」のケヴィン・パーカー、そしてDJスクリレックスとジャスティン・ビーバーの「ソーリー」を手がけた、ブラッドポップ(ブラッド・ダイアモンド)などが制作に関わっている。

Lady GaGa「G.U.Y.」YouTube PV

アートポップ-デラックス・エディション(初回生産限定盤)(DVD付)(特別価格)
「G.U.Y.」は、レディー・ガガの4枚目のスタジオ・アルバム『アートポップ(ARTPOP)』からのシングル曲。

Lady GaGa「Applause」YouTube PV

アプローズ(初回限定盤)
「Applause(アプローズ)」は、レディー・ガガの4枚目のスタジオ・アルバム『アートポップ(ARTPOP)』からのシングル曲。
ビデオの監督は、『V Magazine』でのヌードも撮影したイネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・ マタディンが担当している。
先行公開された同曲のリリック・ビデオは、ウエスト・ハリウッドの有名なゲイ・クラブ「Mickey's」で撮影された。

Lady GaGa「Marry The Night」YouTube PV

ボーン・ディス・ウェイ (初回完全限定盤スペシャル・プライス盤)
「Marry The Night(マリー・ザ・ナイト)」は、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』収録曲。
ミュージックビデオは短編映画並みの13分51秒であり、ガガ自身が監督をした。
■ Lady Gaga「Marry The Night」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady GaGa「You And I」YouTube PV

ボーン・ディス・ウェイ (初回完全限定盤スペシャル・プライス盤)
「You And I(ユー・アンド・アイ)」は、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』収録曲。
ミュージックビデオはネブラスカのトウモロコシ畑で撮影された。
■ Lady Gaga「You And I」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady Gaga「The Edge Of Glory」YouTube PV

ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD))
「The Edge Of Glory(ジ・エッジ・オブ・グローリー) 」は、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からの3枚目のシングル。
ガガは「この曲はこの世の最後の瞬間、真実の瞬間、この世を去る前の瞬間についての曲なの。」と語っている。
テレビ朝日系ドラマ『ジウ 警視庁特殊犯罪捜査係』の主題歌として使用されている。
ミュージック・ビデオ出演は、ガガとサックス奏者 Clarence Clemonsの2人きり。
■ Lady Gaga「The Edge Of Glory」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady Gaga「Judas」YouTube PV

Judas
「Judas(ジューダス)」は、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からのセカンド・シングルとしてリリースされた。
「Judas」はイエス・キリストを裏切った13番目の使徒ユダのこと。
インタースコープ・レコードから2011年4月19日に発売される予定だったが、低音質音源のリーク騒動などを受けて4月16日に早められた。
ミュージック・ビデオの監督は過去にガガの「バッド・ロマンス」を手がけたローリアン・ギブソンとガガが共同で行った。
■ Lady Gaga「Judas」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady Gaga「Born This Way」YouTube PV

ボーン・ディス・ウェイ
「Born This Way(ボーン・ディス・ウェイ)」は、レディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からのタイトル・トラック。
2011年2月11日に先行シングルとして発売された。
アメリカのBillboard Hot 100でガガにとって3作目の首位獲得シングルとなったほか、13カ国で首位を獲得した。また、日本のオリコンチャートでは10位を獲得。自身初となるトップ10入りで、洋楽女性アーティストのシングル初登場トップ10入りは史上初の快挙となった。
「ボーン・ディス・ウェイ」はiTunesの歴史を塗り替え、リリースからわずか最初の5日間にて世界で100万ダウンロードを達成するという偉業も成し遂げている。
■ Lady Gaga「Born This Way」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady Gaga「Alejandro」YouTube PV

Alejandro the Remixes
「Alejandro(アレハンドロ)」は、レディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からの3枚目のシングル。
『アレハンドロ』の発想の源はガガのセックスモンスターへの恐れ。
ミッドテンポでヘビーユーロポップとディスコ音楽に影響を受けており、ABBAとエイス・オブ・ベイスに対するオマージュになっている。
シングルは2010年4月20日にアメリカのラジオ番組で公式に発表された。
ビデオは振付師ボブ・フォッシーのミュージカル映画『キャバレー』に対する賛辞が示されている。
■ Lady Gaga「Alejandro」の歌詞を別ウインドウで表示する

Lady Gaga「Telephone feat. Beyonce」YouTube PV

Telephone (the Remixes)
「Telephone feat. Beyonce(テレフォン)」は、レディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からのセカンド・シングル。
アメリカのR&B歌手ビヨンセをフィーチャーしている。当初ガガはこの曲をブリトニー・スピアーズの為に書いたが、その企画は流れた。その後ビヨンセをヴォーカリストとして迎え、ガガ自身も録音に参加した。
ミュージック・ビデオは短編映画の様なもので、「パパラッチ」のビデオの続編とされる。ビデオは刑務所でのガガとそれを救済するビヨンセ。2人は一連の出来事の後で食堂に行き、夕食を食べている客を殺す。そして、警察に追われるガガとビヨンセの映像で終わる。ガガの妹であるナタリー・ジャーマロッタもこのビデオに出演した。
■ Lady Gaga「Telephone ft. Beyonce」の歌詞を別ウインドウで表示する